相模原 千代田クリニック
Sagamihara Chiyoda Clinic

〒252-0237
相模原市中央区千代田4-4-10
電話 042-757-0102

Hyperthermia『ハイパーサーミア』癌の温熱療法 癌と戦う武器のひとつ

電話等による温熱療法(ハイパーサーミア)に関しての『お問い合わせ』『ご質問』は、
誤解を招く恐れがありますので、お断りしています。
ご了承されて下さいませ。ご本人が、ご来院されて下さいませ。

お知らせ

泌尿器科専門医(女医)(言語 日本語・英語、スペイン語 可)

 癌・悪性腫瘍(眼球・頭部を除く)緩和ケア

AGA(男性型脱毛症) ED(男性勃起不全)  男性&女性更年期 

美肌(肝斑・シミ)・疲労回復・強精等 ご相談ください。

インルエンザ・肺炎予防接種



診  療  時  間 ・ 曜  日
曜 日
午前 9時~12時 × ×
午後 2時~ 5時 × × ×

休診日    日曜日・祝祭日・木曜日・土曜日午後


案内図 院長・医師・経歴 初診で御来院される方 温熱療法費用
癌の温熱療法とは? もっと詳しく 経験者の声 院長一口メモ



 千代田クリニック案内図 

〒252-0237 神奈川県相模原市中央区千代田4-4-10


最寄り駅 JR横浜線 淵野辺駅南口

タクシーでワンメーター
バス 淵野辺南口 上溝行き、田名行き
バスの中でアナウンス有ます。

バス停名 『千代田


案 内 図
千代田クリニック前の
駐車場が満車のときは
第2駐車場を
ご利用されて下さい。

 

         



#172B

院 長 経 歴

   東大医学部卒  東大大学院修了  医学博士

  南極観測船医務長

     (南極犬・タロウ・ジロウ・20代の院長)

スローン・ケッタリング 癌 センター          
      臨床化学療法部々員 ( 米国 ニューヨーク市 )
東大医学部文部教官        
クリーブランド総合病院緊急部勤務 ( 米国 オハイオ州 )     
ミリアム病院外科主任 ( 米国ロード・アイランド州 )    
東大脳研究所々員    
相模原  千代田クリニック 院長

               
医 師 経 歴
米国ボストン大学卒業・大学院修了(分子生物学・生化学)
学士編入信州大学医学部卒業・泌尿器科専門医
米国ハーバード大学医学部ブリンガム&ウイメンズ ホスピタル
リサーチフェロー(研究者)
東京大学癌プロフェッショナル養成スタッフ
東大医学部緩和ケア特認助教授 (東大医学部大学院生・研修医指導)
癌研有明病院泌尿器科勤務
社会福祉法人 同愛記念病院泌尿器科勤務
埼玉社会保険病院泌尿器科勤務
東大医学部付属病院泌尿器科勤務
        東京都教職員互助会 三楽病院泌尿器科勤務

初診で御来院される方へのお知らせ
≪ 月曜日・ 火曜日・水曜日・金曜日(午後3時半まで)土曜日は(11時まで)に御来院下さい。≫
午前中ご来院された方(下記データーが揃っている)初診でご来院された日に
ハイパーサーミア(温熱療法)を受けられることもあります。
 
ご 持 参 し て 頂 く 書 類 他
(1) 紹介状(診療情報提供書)  
(2) 保 険 証 
(3) CT . MRI. PET( PET検査をされた方 )食道・胃・大腸カメラ等フイルムコピー、
(4)  生化学検査( 腫瘍マーカー記載 )コピー

検査データーはコンパクトディスク( CD )でご持参されるか、
フイルムコピーをご持参されて下さい。

 ※『 骨 転 移 』の あ る 方 へ ※
シンチグラム検査結果のわかるものをご持参下さい。
手術治療をされた方は  手術治療後に撮影されたもの、
検査されたもののコピーをご持参下さい。
( 上記とも1ヶ月以内に撮影、検査したもの )


上記のデーターをご持参されますと治療費、検査時間を最小限することができます。


温 熱 療 法(ハイパーサーミア)費 用

1連(8回)初診時、紹介状(診療情報提供書)等、
上記データーをご持参の方(健康保険3割負担の方)

36000円位、2回目より8回目まで600円位、
9回目より1回につき9000円(プラス税金)になります。
※ 紹介状 . CTフイルム等を . ご持参できない方 ※
(他の医療機関で癌治療を受けているので)
健康保険3割負担の方
当院で温熱療法(ハイパーサーミア)に必要な最小限の検査を行います。
心配されないで下さい。


初診時に50000円位 . 2回目より8回目まで600円位。
9回目より9000円プラス税金)になります。




ハイパーサーミア
とは?
( ガンの 温 熱 療 法 )


癌の治療といえば『 外科手術放線療法化学療法 』が主ですが、
これに
 『 免疫療法 』『 ホルモン療法 』 などが加わり、
『 集学的癌治療 』 という 言葉が生まれました。
学問の英知を集めて、癌を治療しようというのです。
温熱を利用した治療法は、古代から病気に効くというので『温泉』、
湯たんぽ、ホット・パック等の 『 温罨法 』、
『 赤外線 』『 遠赤外線 』『 超短波 』が知られています。

これらはみな 『 温熱療法 』 です。

しかし
『 癌 』を相手にする治療法ではありません。

悪性腫瘍に対する温熱療法のことをハイパーサーミアと呼びます。
悪性腫瘍細胞が正常細胞に比べると熱に弱い性質を
利用した治療法です。

 腫瘍部分を43度以上に温め、悪性腫瘍細胞を死滅させます。

温ためることにより正常な周辺組織の免疫機能を
活性化させる作用があり、 免疫力が上がります。

抗癌剤と併用することで、治療効果が,かなり期待されます。
抗癌剤の使用量を減らし副作用の少ない治療を、長期にわたり、
行うことが可能になります。
 熱感や皮膚のピリピリ感で副作用は,ほとんどありません。 

肝臓がん、肝臓転移には80%以上有効

どのような癌に有効か?

  脳、眼球を除くすべての部位。
身体の表面や内部の癌治療有効。 癌の再発を防ぐには、かなり有効。

 


上半身の温熱療法(ハイパーサーミア)を受けられる方へ
食事は3時間前に済ませて下さい。治療後は水分を十分に補給しましょう!
当院医師の診察後ハイパーサーミア(温熱療法)の『予約』をすることができます

ハイパーサーミア(温熱療法)の利点
二次発癌(再発)の危険性が、かなり少なくなります。
ほとんどの癌、悪性腫瘍に有効。(眼球、頭を除く)
長期間治療を受けても身体のダメージは、ほとんどありません。

併用治療とは
放射線治療とハイパーサーミア・抗癌剤治療とハイパーサーミア
お互いの治療効果を、個人差はありますが、かなり高めます。
            週に2回ハイパーサーミア(温熱療法)を行います。              
                                           


もっと詳しく お知りになりたい方へ

身体の奥深いところにできる臓器のガンは、
どのようにして目的の温度に加温するのでしょうか?


加 熱 の 原 理

ガン病巣を中心に体から
ニ極の電極盤で、はさみます。
そこから出る高周波
(通信等で使われているラジオ波)が、
生体分子(双極子)を、
一秒間に800万回の回転を
起させ、その摩擦運動によって自己的に
発熱が 起こる仕組みです。


正常血管と腫瘍
血管を『 加熱 』したとき

熱が加わると血管が膨張して、
放熱する仕組みになっています。

腫瘍の中を通る血管は
熱を加えられて
膨張しないので、
高温になります。



悪性腫瘍ハイパーサーミア治療システム サーモトロンRF8



当院ではハイパーサーミア治療システムを2台で治療してます。
予約が取れない状況を極力避けてます。

経験者の声

私は大腸がん兼直腸がんで、癌性腸閉塞になり大手術を受けました。
医師には、『できることはすべてした』と、言われました。
しかし、結果は、グレーゾーンでした。
人工肛門になりました。今後のことが気になり眠れぬ日々が続きました。
『今、ガンで死にたくない』ガンに効果のあると言われることはすべ試みました。
しかし、腫瘍マーカーは、少しずつ上昇してきました。精神的に不安定になり、
家族にも、かなり迷惑をかけているとき
ハイパーサーミア(ガンの温熱療法)を知りました。
ハイパーサーミアを週に2回続けて2か月後、
腫瘍マーカーの数値は今までの半分になり希望の光を見ました。
それから3ヵ月後、ハイパーサーミアを続けながら
ペット(ガン細胞をさがす検査)を 受けました。
結果は、『ガン細胞は見当たらない』と、言われました。
こんなにうれしく命の有難さを感じた事はありません。涙が止まりませんでした。
ハイパーサーミアを勧めてくれた先生、手術をしてくれた先生方、
そして私を支えてくれた家族に改めて心から感謝します。
現在も週に1回ハイパーサーミアを受けながら仕事をしてます。

今は先生に『大事にされすぎて脳血栓、心筋梗塞にならないよう
適度な運動をしなさい』と言われてます。



私は乳癌になり右乳房を手術してとりました。
6年後左乳癌(転移)になり左乳房もとりましたが左癌性胸膜炎となり、
余命三か月と宣告されました。精神状態はメチャクチャです。
健康な人を見ると『羨ましさと憎悪』がこみ上げて来ました。
このように変わってしまった私を見るに見かねて 主人と子供達が
健康祈願をしたり癌に良いといわれる健康食品をさがしてくれたり、
癌に効果があると云われる事は色々と試みました。
最後に温熱療法(ハイパーサーミア)を探しました。
こうなったら藁をもつかむ気持ちです。
私にとって最後に残った癌治療が温熱療法(ハイパーサーミア)でした。
私はすべてをかけました。

最初、正直な話信じられなかった。先生は、やるだけやりましょう!
週に2回ハイパーサーミアを受けました。
先生には、『癌が完治しなくても 長く生きたらいいでしょう!』と、言われました。

そして、『これからは週に1回でいいよ』と言われた時、
私は生きていられるのだ!死ななくていいんだ!何も言えなくなり、
先生に頭を下げるのが精いっぱいでした。

時々、温泉に行くためさぼります。今でも週に1回ハイパーサーミアを受けてます。
風邪をひく程度で未だに再発はなく、
主人の手伝いをしながら家族の食事の準備をしています。
これが、また、とても楽しいです。
何度『有難うございます』と、言う『言葉』を使っても
私の感謝の気持ちは言い表すことができません。
でも言わせてください有難うございます。

週 に2回ハイパーサーミア(温熱療法)を受け検査の結果、

週1回になられた方です。ハイパーサーミアは家計、身体にやさしい治療です。


院 長 一 口 メ モ
からだの表面に顔をだしている癌は、昔、 焼きゴテ を当てる『 焼灼術 』で
治療するしかありませんでした。身体のごく浅い部位の癌には効果がありました。
一方、バイキンの感染で患者さんが高熱をだしたあと、
『 以前からあった癌が小さくなること 』が しられていました。
今から100年前になりますが、アメリカのコーリー( COLEY )博士は、
いろんな細菌が作る 『 毒素のカクテル 』を癌患者さんに注射して
発熱させることを思い立ちました。
癌には特に治療法のなかった当時
『 コーリーのワクチン 』として評判になったそうです。

 コーリー博士は『 スローン・ケッタリング・キャンサーセンター 』の
大先輩です。当時、私がスローン・ケッタリングC.C.で研究していた時、
コーリー博士の御子息が居られました。御子息は冗談混じりに
『 偉大な父を持つ息子は辛いよ!』と、言っていました。

『 熱で癌をやっつけることができるはずだ 』というので
『 癌を加温 』する機器の開発競争が始まりました。
その中で、身体の表面だけでなく深部まで加温するには『 電磁波 』を
使うのが一番だと分かりました。
『 電磁波 』とは、ラジオ、テレビ、電子レンジ、遠赤外線、赤外線、可視光線、
紫外線、医療法X線 など、私たちの周りには沢山あります。

<加温>ということになりますと,
身近なところで 家庭用の『 電子レンジ 』が頭に浮びます。
これには、発振周波数が2450メガヘルツ( MHz )の
『 マイクロ波 』が 使われています。
でも、この周波数を人体に当てますと、身体の表面で吸収されてしまい、
身体の深部まで暖めることは出来ません。そこで選ばれたのが
10メガヘルツ前後の『 ラジオ波 』でした。 発振器で癌の前後をはさみ、
電磁波を流し( ジュール熱 )を発生させ『 癌細胞 』を破壊するのです。
温熱を利用した治療法には、古代から病気に効くというので人気のある
『 温泉 』、『 湯タンポ 』,『 ホット・パック 』などの『 温庵法 』があります。
整形外科などで使われる
『 赤外線 』『 遠赤外線 』『 超短波 』などが知られています。
今では使われませんが、抗生物質のペニシリンが発見されるまでは、

性病として猛威をふるった梅毒の治療に『 マラリア療法 』が行われました。
マラリアを感染させると 高熱 が続きます。これで梅毒のスピロへータを殺したのです。



これらはいずれも『温熱療法』ですが、
『癌』を 相手にする治療法ではありません。
電磁波温熱療法(ハイパーサーミア)は一般庶民の重粒子線療法です。
重粒子線療法と類似した作用を癌、悪性腫瘍に及ぼします。

                        ( 一部、近藤元治 先生著より )     

                                           


 偉大なる癌の研究者



私の最も 尊敬する山際勝三郎先生です。
(東大医学部、明治21年卒)


これと同じ写真がフランス国立癌研究所を
訪れた時、1階入り口に飾られてました。

 

未だ急性伝染病の最たるもの『ペスト』でさえ
医学者が完全に征服できないときに山際先生は癌制覇の道を説かれました。

その研究の第一歩は

『研究者はいつでも自由に生きた癌を手に入れる事である』と考えられたのです。
東北大学の市川厚一先生の協力を得て最終的に山際先生はタール癌を兎の耳に作り
大正4年(1915年)人工癌の創造に成功したことを世界に発表したのです。

イギリス人は近代医学は
イギリス人『Jenner』の種痘から始まったという。

イタリア人は近代医学は
Padova(別名Padua)大学にての人体解剖から始まったという。

フランス人は近代医学は
Louis Pasteurの炭疽菌発見から始まったと主張する。

ドイツでは『 Robert Koch 』のコレラ菌発見こそ
近代医学の始まりであると言う。

癌の研究は昔から『 天才の墓場 』と言われている。
そのことを著名な癌科学者である Jesse P.Greensteinは、
彼の著書:『 Biochemistry of Cancer 』の中で、

『 For some odd reason,cancer research has been

the graveyard of many a scentific reputation. 』

と書き記している。 

山際先生は人類と癌との戦いに最初の突破口(Real Breakthrough)を開けた
学問的信念と努力の人です。

先生以前の癌研究者はすべて討ち死にしました。

日本史を編集する人は文系出身者が多く自然科学史は眼中にないのであるかもしれないので
小学校、中学校の歴史の本に山際勝三郎先生、市川厚一先生の『悪戦苦闘の話』を
是非とも入れてもらいたいと願います。

特に、今日では日本人半数が癌にかかり、そのうち三分の二が癌で亡くなる時代です。


 癌研究者の歴史

 
前文で( 偉大なる癌の研究者 )癌研究の突破口を開いた人は
日本の 山極 勝三郎先生であることを話しました。
山極先生の1915年発表された研究は
イギリスのKennaway 一派に引き継がれました。
彼らはコールタールの成分を分析して 
1,2-ベンツアントラセンから始まって

多数の Polycyclic hydrocarbons( 多環状水素炭素化合物 )の
発癌性を確定しました。
イギリスには 煙突掃除人に 陰嚢癌が多い事が知られていたので、
この研究に 熱が入ったものと思われます。
日本の吉田富三 先生 ( 私の恩師 )は、1932年 着色剤 アゾ色素を
マウスの皮下に注射すると、注射部から 離れた肝臓に
癌が発生することを 報告しました。

1937年 木下良順 先生 ( 当時、阪大教授 )は
人工合成バターを 黄色く見せるための色素『 Butter Yellow 』を
ネズミの飼料に 加えてやると肝臓癌が 発生する事を 発表して、
白人社会を 驚倒 させました。

我が国でも、新建材アスベストによる 胸膜腫瘍、ゴム草履製造業に
東京の下町で 使われた ベンジンによる白血病,簡易舗装道路を つくるとき
砂利上に ぶちまく コールタール など いずれも感心しません。

発癌させるものは 化学物質 だけではありません。
『 鶏 』には Dr.Payton Rous が『 ビールス性 』と 証明した
伝染性の 『 Rous肉腫 』 があります。

マウスには 有名な Polyoma Virus があり、
Dr.Friend(女性)が 発見した
Friend Virus による白血病 があります。

アフリカの黒人を 観察していたイギリスの軍医 Burkitt は、
ケニヤ人の下顎 または頚部伝染性腫瘍を認識し、
報告しBurkitt 腫瘍の名を不朽のものとしました。
人間に伝染する悪性腫瘍があることは
それまで確認されたものはなかったからです。

東大の井形昭弘 先生(発表当時は、鹿児島大学教授)は、
成人T細胞白血病が、輸血、性行為によって
伝染するものである事を証明した。
人間の癌のうち最多のものは肺癌、大腸癌、胃癌、乳癌、子宮癌であるが、
子宮頚癌は性行為による ビールス性伝染病であることが
Sloan-Kettering 癌センターにての
大規模人体実験にて確定しており、その予防法はあります
大腸癌には遺伝性家系の存在することは
兵庫大学の宇都宮譲二 の家系探索 
兼 遺伝子探索により証明ずみです。
但し、遺伝性でない 大腸癌も勿論 あります。
胃癌の原因は、『 Helicobacter Pylorii 』菌であると
断定する説もありますが、この菌に対する抗体が無くて、
手術後に摘出された癌 及び その周辺の病理組織の何処にも、
この菌が発見されない事も多い。
故に『 hericobacter Pylorii 』菌 感染のみを
胃癌の原因と 断定するのは 今のところ統計的主張に過ぎない。

残るは肺癌でありますが、肺癌の タバコ タール、『 タバコの煙 』の成分に、
日本の癌研病理学研究室が発表した1955年~1966年の間の実験データーは
タバコの発癌性について 動かぬ証拠を沢山出しています。
勿論,『 タバコ 』だけではありません。

石油 及び それから派生するほとんどすべての燃料を
燃やしたときに発生するガスも 又 『 肺癌 』の原因物質を含みます。



この方面の研究には、石油が文明国の大産業を支えている限り、
取り上げられることは 稀であります。

人類が石油産業を今すべて放棄すると、
人類は中世期以前の人力、牛馬の力、の時代に戻らざるをえない。

今日の人間の遺伝子は すべて解明されており、すべての人間の癌は、
その開始期に癌遺伝子の働きがあることが解っています。
発癌物質も、発癌ビールスも、ピロリ菌も火付け役であります。

但し、未だよく捕捉されていない抗癌遺伝子も、ちゃんと存在するのです。
人間があらゆる伝染病を征服し、不死身になったら、
老人ばかりとなり、人類社会が 成り立たなくなる
癌遺伝子も神様が仕組んでいた先見の明 かも知れません?

日本の
南 極 大 陸 史


第3次南極観測船宗谷医務長

私の尊敬する人は 他人と同じことは断固としてやらず、
困難な前人未踏の世界を切り開いて行く人です。


私は先に世界で最初に癌研究の突破口を切り開いた『山極勝三郎先生』をあげました。
今回は総ての日本人が知っている『 白瀬 矗 陸軍中尉 』を あげます。

本人はこの狭小なる日本に広大なる新天地を寄与することを
企画し壮大なる計画をたてました。

『 何時の日にか車馬往来する日もあらん 』ことを夢見て用意周到に
千島列島の択捉島、捨子古丹島、占守島にて 自らに耐寒訓練を課し、
占守島では六人のうち三人が死亡、
捨子古丹島では
九人全員死亡の凄惨な結果となりました。
今では総て死因は壊血病ではないかと推定されています。

この結果に打ちのめされることなく、
日露戦争のときは遼東にて砲弾の嵐をくぐりぬけ生還しました。
それから彼は本格的に南極大陸をめさす戦いを始めたのです。
彼は日本政府の協力を得られず軍人として最も不得手なこと、
すなわち探検の資金を自ら集めることをしなければならなかったのです。

この点、Norway の『 Amundsen 海軍大佐 』、
Englandの『 Scott 海軍大佐 』が
国を挙げての資金協力をしてもらったのとは大違いです。

彼は乏しい資金のため中古の木造船を改良して『 204 トン 』にして
樺太犬を 指揮できるアイヌの方2名の協力をえて、
Australia 経由で南極大陸にむかいました。
南極海の巨大な白い氷の大群との戦いに生命の危機を感じ、
彼は乗組員を説得してAustraliaに撤退しました。
そこで、船の修理、食料、燃料、飲料水の補給の為、
明治44年3月15日から明治45年1月19日の間、
10か月間を浪費しました。

もし、最初から日本の政府の支援があったなら、
白瀬隊は世界で最初に南極極点に達した者は『日本人』で
あるとして、
日本は名誉を獲得したと思うが、
当時、日本の政財界の要人には先見の明が無かったと思う。
遅ればせながら、白瀬隊は明治45年1月28日 
南緯80度05分、西径156度27分に達した地点で
『生か死か』の はざまに立ち全員生還の道を選んだのです。

England の Scott隊の上陸組は全員凍死しました。

前記の地点から見渡す限りの白い大陸を
白瀬は『 大和雪原(日本式には やまとゆきはら と発音する)』と名付け 
日本の領有権内であることを 『 世界に宣言 』したのです。

明治44年12月14日、Norway の Amundsenは 南極の極点に達し、
世界で最初に南極点にたった人として、人類史上、永久不滅の名を残したのです。

第二次世界大戦が終わりに近い頃、Potsdam 宣言は 
日本に侵略的行為により得た領土の返還を要求しました。
大和雪原(やまとゆきはら)は侵略で得た土地でもないのに、
日本はあっさりと大和雪原の領有権を放棄させられました。

そこで米国海軍は もはや必要ではなくなった航空母艦『 PHILIPPINE SEA 号 』を
主力艦とする十三隻の軍艦と4000人の人員を以って南極占領を開始し、
飛行機、ヘリコプターで調査した広大な南極大陸の西径90度から西径160度を、
Richard Evelyn Byrdは『 Marie Byrd Land 』と 彼の『 妻 』の名に
renamingして『 大 和 雪 原 』の名を地上から削除しました。
(1956年の 米国海軍公式地図 による。)

しかし、南極詳細地図を広げてご覧になって下さい。
白瀬中尉に精神的、または 経済的支援をしてくれた
大熊重信候に贈った『 Okuma Bay 』、自らの船( 海南丸 )の名に
ちなんだ
『 Kainan Bay 』の名は 残っているのです。

白瀬中尉は大隈重信の名を南極大陸に残すことで恩義に報いたのです。

白瀬南極探検隊記念館の史料によると、『 Richard Evelyn Byrd 提督 』が
この二つの名を残すことを 主張したとのことです。
明治時代にわずか『204トン 』の 小船で南極に行った
『日本人白瀬 矗 陸軍中尉』に対する
敬意の表明ではないかと思われます。






RICHARD EVELYN BYRD
(1888~1957)


昭和37年(1962年)、私はThamus河(London)に浮かぶ小船を見ました。
それは H.M.S.DISCOVERY(H.M.S.はHer Majesty's Ship 即ち英国軍艦の意味)と
いう名の『 Recruit Boat 』 であったのです。

『 この船に備えつけられている名簿に名前と住所を書いたら
その日から あなたは名誉ある英国海軍の 水兵である。』と説明されましたが
『 私は日本人なので、それは出来ない 』と 断りました。

あとで調べてみたら『DISCOVERY号』は南極大陸の周りをウロウロして、
片っ端から英国人の名を 湾、、海岸などにつけることにより 
英国に 貢献した船です。
( 英国人にとっては、愛国的行為 )とみなされています。

白 瀬 矗 さん が 日本の名誉のため 果たした功績は 
とてもこんなものではなく、計りがたいものです。
今回、南極大陸に向かう船、『白瀬第2号』は 
100年前からの日本人の名誉を背負っているのです。

今回、南極大陸史には秋田県にある白瀬南極探検隊記念館からのデーターを含みます。
また 米国海軍のデーターは すべて公開されたのもばかりで
秘密のものは一切含んでいません

Copyrigt(c) 2018 Chiyoda Clinic. all Rights Reserved.